美的ヌーボで葉酸を上手に摂取

妊娠前から妊娠12週目まで毎日400μgの葉酸を摂取し続けると、胎児の神経管閉鎖障害のリスクが70%低下するという報告があります。健康な赤ちゃんを産むために葉酸は重要な栄養素です。

葉酸は水に溶けやすく熱に弱いので、食事から摂取するのが難しいといわれています。どうすれば上手に葉酸摂取できるのでしょうか。私は美的ヌーボというサプリを利用することをおすすめします。

葉酸が多い食品

葉酸は緑が濃い葉野菜に多く含まれています。100gあたりモロヘイヤには250μg、ほうれん草には210μg、菜花には190μg含まれています。

動物性食品ではレバーや卵の黄身に多く含まれます。

果物の葉酸含有量は少ないですが、100gあたりイチゴには90μg、アボカドには84μg含まれています。これらの栄養含有量を考えて食べるのは大変なので美的ヌーボでサクッととった方が良いと思います。

洗い方

葉酸は水に溶けやすいので、食材を洗っているときに水に溶けて失われてしまいます。洗うときはサッと済ませるようにすると、葉酸の流出を抑えられます。

切ってから洗うと表面積が大きいので葉酸流出が多くなります。キャベツの千切りは切ってから水に浸すとシャキシャキしますが、葉酸を摂取するなら切る前に洗いましょう。

加熱方法

加熱でも葉酸が失われます。加熱調理もできるだけ短くすると、葉酸の損失が少ないです。

電子レンジだと葉酸の損失を抑えることができます。時間短縮にもなり、料理を作るのが面倒なときに電子レンジ調理が役立ちます。
スープにすると汁に溶け込んだ葉酸を摂取できます。

美的ヌーボは加熱のことを考えなくて良いですね。

生で食べる

生で食べるのが一番葉酸の損失が少ない方法です。イチゴやアボカドなど果物は生で食べられます。スムージーやおやつに食べるといいでしょう。

パセリ、芽キャベツ、春菊などの野菜は生でもおいしいです。パセリは飾り程度にしか思われていませんが、葉酸だけでなく鉄分やビタミンCも多いので食べておきたい食材です。苦みが少ない春菊は、ひじきとあえたサラダにすると食べやすいです。

どうしても摂りにくいときは

食事からの摂取が難しい場合は、美的ヌーボなどのサプリメントの利用を考えてみましょう。妊婦が1日に必要な400μgの葉酸を含んでいる、添加物を使用していないものを選んでください。いかに美的ヌーボが優れたサプリかわかっていただけたでしょうか。